スポーツ起業家/投資家/経営コンサルタント

宮城哲郎

from 沖縄のプライベートオフィスにて…

 

15225375_1291942320878228_270537800_o

実は、昨日まで香港に滞在していました。目的は、海外交流会&忘年会への参加&視察の為にです。香港と言えば、世界でもトップクラスの経済地域ですが、個人的には琉球代表というフットボールチームで香港やマカオのチームとの交流もあるので縁がある地域です。

 

参加者には、日本だけでなく世界中で活躍されている経営者が一同に集い、他にも、中国、香港、台湾と様々で、日本をはじめタイやカンボジア、シンガポール、台湾などからが参加。

 

職種も様々で、政治家、弁護士、税理士、行政書士、銀行員、ファンドマネージャー、アナリスト、上場企業CEO、香港で数十店舗経営されている事業者、アパレルメーカー 、香港の上場IFA、香港の大手投資会社、証券マン、投資家、映画制作会社、コラムニストさんなど様々な企業から多くの方が参加しました。

 

主催者のKさんと仲良くさせているのもあり、子供達も大きくなったので妻を連れて参加しましたが、本当に有意義な会でした。各テーブルから聞こえて来る会話の内容はどれも刺激的で、そこにいるだけで、自分自身のセルフイメージも高まりましたしね。

 

個人的な感想では、以前から会いたかった方達に会えたのはもちろんですが、今後の私自身のビジネスを大きく飛躍させる様な出会いも多くあったのが嬉しい収穫です。何より、ほとんどの方が現役の経営者であり、会社の舵取りを任されるキーマンの皆さんですので1つ1つの話がとにかくスピーディー。

 

忘年会という感覚で行くのは勿体無いぐらいの時間を過ごす事が出来ました。毎年ありますので、ぜひ来年はあなたも一緒にどうでしょうか??(※声かけて下さい…きっと誰でもウェルカムですから。)

 

香港はスポーツでも国際色豊かである

 

15233763_1291942100878250_309468292_o

さて、翌日は香港のスポーツ事情を視察しようと思い、現地滞在の知人に色々とアポを取ってもらい香港の街を散策。

 

交流会の会場が尖沙咀(チムサーチョイ)という所だったのですが、ここは移動も便利で、しかも観光もしやすい場所という事で比較的スムーズに移動出来ました。(空港からのアクセスも良いのです)

 

時間も勿体無いのでタクシー使いながら移動をしようと思ったのですが、それを利用しなくとも目的地には行ける事が分かったので、(iPhone搭載のマップを使い…)歩いていく事に。

 

ちょっと中道を歩けば、中国や台湾程ではありませんがローカルグルメのお店も並んでおり、そこで食事をしたのですが、うちの妻のたっての希望でもあった「エッグタルト」という謎のデザートも食べる事ができ、妻も大満足。笑
※これで、今後は少しぐらい帰りが遅くなっても大丈夫だなと密かに思いましたとさ…笑

 

15225247_1291942000878260_1048430980_o

しばらく歩くと、目的地の九龍(クーロン)公園へ到着。大都市に囲まれた街にあるオアシスとして、自然に囲まれた雰囲気の公園として朝からランニングやウォーキング、太極拳に、筋トレをされている人達がいたり、外国人のカップルが歩いたり、中には画像の様なスポーツ施設もあり、なんとマックもあるので、ちょっとした食事もできたりと…

 

以前、視察に行ったブラジルにあるコリンチャンスのクラブハウス施設の様な雰囲気があり、凄く良かったです。

 

15302339_1291941984211595_990690840_o

そこで、お目当てだったのがこちらのサッカー場。こちらも公園内にあるのですが、ここでは朝から6人制のサッカーの大会が行われており、コートもバスケットボールが2面分ぐらいの広さと中々の物。

 

世界中の人が集まるという香港ならではの事だと思うのですが、色々な国籍のチームが集まって、サッカーを楽しんでいました。(床はコンクリに近い素材)

 

ビルに囲まれた中で、こうしてサッカーの光景をみると改めてサッカーというスポーツの凄さを感じましたね。施設には他にもプールやダンススタジオ、体育館等もありました。体育館の中は確認出来ませんでしたが、施設にはクラブ内のハンドボールの選手の写真も並んでいたので、そういう意味では、この九龍公園の施設を利用しているアスリート達が、クラブの選手として活動しているかも知れません。

 

メイド・イン・ジャパンの躍進

15271317_1291941394211654_950359352_o

そうした視察を多能した後は、美味しい物をたらふく食べて香港ナイトを満喫。ビクトリアハーバーを挟んだ「THE香港」とも言える夜景をバックに、夫婦で夜遊びをしました。笑

 

高級ブランド店が並び、高価な料理店が並んでいましたが、その中でも特に印象的だったのが「メイド・イン・ジャパン」の躍進。特に飲食店では焼肉チェーン店の牛角や丸亀製麺などは長蛇の列(驚)※他にもあったのですが…

 

私達にとって慣れ親しんだお店が、こうして大行列を作っているのをみると、海外進出という事を視野に入れるのは日本人としては本当にアリなのかも知れないなと感じた一幕でした。

 

15215952_1291941140878346_1183488803_o

こうして楽しい時間を過ごせたのは良かったのですが、ちょっと調子に乗ってお金を使い過ぎてしまい、翌日にお土産を購入するお金が無かった為に、再度現金を調達するというアクシデントもありました。笑

 

とにもかくにも、こうして時間を作って海外に行くという事は、経営者としても凄く重要な事なのだと感じました。特に、忙しくて時間が無いと思っている人ほど強制的に時間を確保していくのをおススメします。

 

理由は、その方が生産性が上がるからです。社長の生産性が上がるという事は、それは即ち組織の業績が格段に向上しますので、結果的に社長以外の人達にとっても有益な事に繋がるのです。

 

そして、こうして完全に休養するという時間を2、3日でも確保する事で、帰って来てからの仕事の生産性は物凄い物が高まりますので騙されたと思って休養して下さい。

 

社長がいないと回らない会社は危険!

そもそも、社長が2、3日休んだら会社が回らないという組織は、作り方を間違っています。どうせ経営者というのは仕事があってもなくても、年から年中、仕事の事で頭が一杯で満足に休まる事もありません。

 

ですから、それを解消するにはたったの1つです。どんなに仕事の事を考えたくても、どうしようもないぐらい離れた場所に行くのが一番です。その最たる例が海外への出張兼旅行なのです。

 

社長が倒れたら、どのみち働いている人は路頭に迷います。だとしたら社長自身が常にフレキシブルな状態を保つというのは全体の為にも大切な事なのですからね。

 

この様に身体だけでも休めるという事は社長にとっては戦略的な行動であり、必要な事なのです。

 

「経営者の皆さん…たまには休んで下さい」

 

それでは、今回はこの辺で…。

 

追伸

「もう一人、自分がいたら…」

もしも、そう思ったのならご連絡下さい、お手伝いしますよ?
↓ ↓

ビジネス戦略コーチング