【沖縄県カラダいいこと体験会事務局 様】

① どのようなイベント事業でしょうか?

沖縄県健康力推進アップ事業の一環で、沖縄県の330ショック(平均寿命ランキングで女性3位、男性30位にランクが落ちた事)を受けて、県民の健康力をアップする目的で開催された事業です。

2016年の今年は、「カラダいいことプロジェクト」というネーミングの元、全国クラブ交流事業として「カラダいいこと体験会」を実施することになりました。

県内で運動をする場を提供する「総合型地域スポーツクラブ」が一堂に集まり、各クラブが普段行っている健康教室や、活動の紹介を行いました。

② どういったことに悩んでいて、弊社のサービスを受けようと思いましたか?
教えて下さい。

カラダいいことプロジェクトという活動の周知活動として、チラシやポスターだけの掲載だと、より多くの県民の皆さんに届けることができないのではないか?と思い、ホームページの制作をお願いしました。

各クラブの皆さんに、このホームページを知ってもらい、SNSなどでシェアしてもらうことで、より周知がしやすくなるのではと思ったからです。

特に、このような社会的意義のあるイベントだからこそ多くの人達に知ってもらいたいと思ったのが大きな理由です。

③ 実際にサービスを受けていて、どういった事が良かったですか?または為になった事を教えて下さい?

まず、周知活動ができるサイトを持てるということ、そしてそれをプロジェクト単位でシェアできること。なにより、チラシやポスターを見て、検索した際にしっかりとした事業のサイトがあることで、より集客につながりやすかったと思います。

イベント当日の案内や、概要、プログラムやタイムスケジュールのダウンロードなんかもできるサイトでしたので、運営側としてはすごく助かりました。なにか紹介する際にも、「ホームページをごらんください!」とか「カラダいいこと体験会で検索してください!」というだけで、あとはホームページが案内してくれますから。

また、お問い合わせフォームでは、自動返信機能もあり、お客様へスムーズな案内を自動で送ることができて、事務局としては非常に楽でしたね。

定員は1000名を想定していたのですが、それ以上の1500名が参加されたので、良い意味でバタバタさせて頂きました。

あとは、これは後で気がついた事なのですが、活動の報告をブログで書けることで報告にも使えるため非常に活用しやすかったです。

④ ご自身の今後のビジネスの豊富をお聞かせ下さい

このプロジェクトを、これからさらに発展させ、より多くの人に健康に関する情報を提供していき、期間中だけでなく、日常から意識していけるような事業に展開していきたいと思っています。

その為には、このサイトを通して多くの人達に事業を知ってもらう為の活動なども積極的に行ないたいですね。

⑤ 最後に、弊社のサービスを受けようか迷っている方へ一言お願いします。

ビジネスのサイトというだけでなく、イベントや事業単位でも情報サイトはあるべきだと思っています。今はチラシやポスターだけでは、周知がしにくい時代ですので、よりインターネットでの集客が重要になってくると思います。

イベントや事業単位でも、予算を使って広告媒体として活用してもいいかと思いますし、事業自体のスキームの相談などにも乗ってくれるので、そういう意味ではかなりありがたいですよ?